長く使うものこそしっかり選びたいです。安い質の良い家具のショップとは

結婚して始めての新居で家具を揃えなければならなかったず、色々と一度に揃えられなかったですし、2人ともアパレル業界で仕事してたものだから、お金は無くてもFashion以外、インテリアなども、凝る方でした。

街の安い家具屋でとりあえず揃えて後で捨ててもいいからとも思いましたが、家具は捨てる時も下手すればお金もかかるし、良い物を買った方がいいのではないかと、悩み、ローコストのブランドで買うのは辞めました。納得するものを買える迄は、我慢しようという事になりました。

ご飯を食べるテーブルさえなかったのでまずはテーブルだったが、我慢して床に置いて食べる日が続きました。そうしてお金が出来る迄、過ごしました。私達はやっとお金を貯めて、気に入った通販ショップで、厚い板のテーブル、足はアイアン(鉄)で仕上げたものを見つけました。板だけ後で替えれば、足に乗せるだけのデザインなので部屋のスペースに合わせていくらでも自由の効くデザインでした。

(参考)安い質の良い家具を買うなら※おすすめの送料無料の通販ショップ
狭いリビングに2人だけにしては大き過ぎる程のテーブルでした。12帖のリビングに、テーブルとソファーでスペースがなくなる程のサイズでしたが、狭いから小さめのテーブルを置くというよりカッコよかった、テーブルだけで30万はしました。それに椅子を合わせて買おうとしましたが、なんか納得のいくものがなかかったので椅子は、カトリーヌメミで白い布を貼ったフレンチシックなものを青山で見つけました。

2人だけですが友人が来た時や親が遊びに来た時の為4客ほしかったですね。でも1客が5万もした、素敵な椅子を見つけたんだと母に伝えたら、後日、母が一緒に見に行ってくれました。すると母は4客全てを買ってくれたんです。とても嬉しかった想い出です。

その母は、家でクリスマスをする日にはやってきて、食卓を囲みそのテーブルと椅子に座り、何度も楽しい時間を過ごしました。テーブルを囲み、家族の笑顔が生まれる時間を沢山、過ごしました。何年経っても良い物は飽きることもなく丈夫で板の色味は味が出て来ます。

そして月日は経ち、私達も家具とともに、味が出てきた頃でした椅子をプレゼントしてくれた母も昨年他界しました。椅子を見る度に、そこに母がいてくれる気がします。家具は時代を超えて家族をずっと見守り続けてくれる物だと思います。無理をしても我慢をしても本当に良い物を
選んでよかったと今も愛着を持っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です